習い事



知り合いや友人との会話で1度はあるだろうという会話が、「子供の頃、何の習い事をしていた?」ってな話。 私は、水泳、習字、そろばん塾。


陸上とソフトボールにも行っていたが、これは私の中では、習い事に入らない。

水泳は小1から小4まで通ったが、習い始めた経緯は、小学校の水泳の授業で顔もつけれないくらい水が怖かったかららしい。 水が怖かったとか全く記憶が無いのです。


記憶に残っているのは、バタフライをバリバリ泳いでいたのとターンのコツがつかめて嬉しかったという所からなので、本当に水が怖いが理由で水泳を習い始めたなら、意外と可愛い小1だったんだなと思う。 この水泳、通っていたのは小4までなのだが、陸上を本格的にやり出してからもつかず離れずの関係で存在感を表してました。 特に海外合宿の時は存在感を存分に発揮し、疲労抜き、怪我気味のときに持久的トレーニングで泳いだり。 真剣に泳ぐと走るよりも疲れる、顔がげっそりする笑 水泳を習い始めた頃は、大人になるまで泳いでいるとは思ってなかったが、顔を水につけれなことがきっかけで、ここまで繋ってくるとは思っていなかった。 人生、どこで何が、どのタイミングでいきてくるのかわからない。 大人になればなるほど新しいことへのチャレンジは怖くなってくるけど、出来る限りのチャッレンジはしていこうと思った。