大人になって食べれるようになったもの


子供の頃からなるべく好き嫌いはなしでなんでも食べてきたつもりでしたが、どうしても好きになれないものが幾つかありました。 ・うなぎ ・ウニ ・ケーキ ・ピータン→これは今も食べれない ・コンビーフ→別に食べれなくて良い しかし、大人になってからうなぎとウニは食べれるようになり、生涯の10年くらいは損したかもと思いました。 うなぎは焼いている香りと、実際食べた時の美味しさを特に感じるので、2度美味しい。 ちなみに、数年前に青森の八戸で、「ホヤの塩漬け」がまずいと言われて食べてみましたが、確かに美味しいと言えるものではありませんでした笑 同じ人間なのに、生涯の中で好みが変わるのが面白いなと思います。 現役の頃はビールはほとんど飲まなかったですしね。 そこも、変わりましたね。 子供の頃は苦いビールを美味しいと飲んでいる、


大人のことが理解できないこともありましたから。 話はズレますが、辺りが暗くなるまで遊んでいる事が多くて、よく怒られていたんです。 何で怒られんだ?と思ってました笑 今なら、なんとなく分かりますが。 今回は、食べ物限定であげてみましたが、子供の頃できなくて大人になって出来るようになったものとか、改めて大人になってチャレンジしたものもあげてみたいと思います!

  • Facebook
  • Twitter

2020 by Never Stop Running.