暑い日のカレーで思い出すこと




暑い日にカレーを食べると、必ず現役時代の夏合宿思い出すんです。


高校時代の話なのですが、人生ではじめて練習も食事も苦しかった合宿。 まずは、これまでに経験したことのない走り込み。 1日3回(朝・昼・夕)の練習で、1日トータル30kmくらい走ってました。 夏の暑さも影響して、合宿の疲労がたまると共に内蔵疲労を起こし、食欲がなくなっていく一方。 でも、練習をちゃんとやる為にはご飯を食べなくてはならない。 その葛藤と戦っているときに食事でよく出ていたのがカレーライス。 「オエー」と思いながら、時間かけて食べていたので、給食で居残りで食べてた頃のことを思い出しました。 カレーは食欲を増進させるといいますが、その時の私には全く増進の一欠片も感じず、正直カレーを食べることも恐怖にしかすぎませんでした笑 走・食・寝に余裕がなく、ほろ苦い高校1年生の夏合宿デビュー。 その後、経験を重ねて選手として力がついていくに連れて、夏場でも食欲がなくなるということはほぼなくなって来たんですけね。 カレーで自分の人生の出来事を文章にできるって、我ながらいい経験してきたな。



トップのカレーは今日のランチに行った、下北沢にある「Mikazuki Curry SUMURAI」。



  • Facebook
  • Twitter

2020 by Never Stop Running.