持ち腐れカメラ 其の九〜苦手とトレーニング〜


私の苦手なことのひとつが人前で話すこと。 現役時代のインタビューは、ホント見てられないくらいひどかったです。 今は、少し克服出来ました。


が、ラジオや講演をするときは、普段の喋り口調にならないように丁寧にするのと(ちょっと早口なので、聞き取れないことがあるらしいです)、何を話すかの構想、台本がないときははっきりした内容を無駄に自信満々に話すとかします。 おそらく、話すという苦手なことも放置してたら永遠にそのままだっただろうなと思います。 運動が苦手という人は、体育が嫌い。 ってのがイメージに残っていて、その後大人になって実践する機会がないから、苦手なこととして残ってしまう傾向があるのかと、最近知り合いと話しました。

逆に、マラソン嫌いだった人が大人にいきいき走っていたりもして、それは、成績をつけられること無く、自分のペースでマラソンを楽しむことが出来るから。 全て克服するとかってのはいらないと思いますが、自分の仕事に関わってくることは少しでも前向きにトライしていこうと思います。