うっかりを教訓に、でも。。。


自称神経質な私は、とにかく子供の頃から、忘れ物だけはしないようにと気をつけてきたわけです。


子供の頃の遠足で、弁当に箸が入ってなくて、泣いたのは今でも私ではなく、母親のせいだと思ってます。 その時は、割り箸を持ってきていた友達に半分に折ってもらって無事に弁当を食べることができました。 しかし、大学を卒業してからは、遠征が多くなってきたせいかちょくちょく抜けることが多くなってきました。 例えば、 ・レースの前日に新幹線に荷物を置きっぱなしにする。(忘れた荷物にスパイクが入っていたので、ほんとビビりました。無事に荷物は戻ってきましたが、レースをアップシューズで走る覚悟を一時はしました笑) ・海外のレースで、日曜がレースと思っていたら、土曜がレースということを2日前に知ったということ。(最近は土曜レースも多くなってきましたが、15年前は日本でもあまりなかったので、てっきり日曜レースと思い込んでました。) 最近は、スマホや充電器を電車に忘れたりすることもありました💧 なんで忘れるかというと、毎回なにか考え事をしていて、急いで電車を降りたときが圧倒的に多いような気がします。 これまでの人生で、計5回くらい新幹線または、電車の忘れ物お届けセンターに行ってますが、すべて戻ってきてます。 拾ってくれた人に感謝です。 その時は、すごく反省するのですが、数年したらまた戻っている。。 とはいえ、やっぱり自分が大切なもの、必要なものは失くしてはならないので、今後も電車降りる前は忘れ物がないかしっかり確かめようと思います。 私は、何個もバッグを持てないので、リュック1個で移動することがほとんどで、リュックの中で何かが迷子になることも多い。 女子が持っているような、小さいバック持ったほうがいいのかなと最近思い始めたりしています。 ということで、ちょっとしたうっかりを起こさないようにという感じで、自分の気を引き締めたい内容でした。


  • Facebook
  • Twitter

2020 by Never Stop Running.